腹痛

腹痛でお悩みではありませんか?

上腹部から下腹部にわたって痛みを感じる症状を腹痛と言います。腹痛は皆さんも一度は経験したことがある症状かと思いますが、腹痛は放置しておいても勝手に症状が治まることが多く、腹痛がみられる際の危機感を抱きにくい症状かと思います。

一方で、下記のような腹痛がみられた場合は、重大な病気が潜んでいる可能性が高いです。以下の項目に該当する場合は、お早めにお近くの消化器内科を標榜しているクリニックで診療・検査を受けるようにしてください。

こんな腹痛は要注意
  • 今までに経験したことがないくらい辛い腹痛
  • 腹痛が慢性的に続いている
  • 市販薬を飲んでも改善がみられない
  • 腹痛に加えて嘔吐や吐き気を伴う
  • 腹痛に加えて下痢や血便などの便通異常がみられる
  • 腹痛に加えて発熱が生じている

腹痛は重大な病気のサインです

腹痛はストレスや食生活・生活習慣の乱れが原因となることが多いです。要は、発症している原因を特定し、適切な治療を行えれば自ずと快方に向かいます。

一方で、前述した「こんな腹痛は要注意」のような腹痛がみられる場合は、重大な病気が潜んでいる可能性が高いです。お早めに医師による診察・検査を受けて頂きたく思います。当院では消化器内視鏡専門医による消化器専門外来を行っております。腹痛をはじめとした消化器異常がみられる際は、お気軽にご相談くださいませ。


【腹痛の原因となりうる胃の病気】
  • ・胃がん
  • ・慢性胃炎
  • ・胃潰瘍
  • ・十二指腸潰瘍
  • ・逆流性食道炎
  • ・機能性ディスペプシア
  • ・アニサキス症

【腹痛の原因となりうる小腸・大腸の病気】
  • ・大腸がん
  • ・過敏性腸症候群
  • ・潰瘍性大腸炎
  • ・クローン病
  • ・腸閉塞
  • ・虫垂炎
  • ・感染性腸炎
  • ・虚血性腸炎
  • ・大腸憩室炎

【腹痛の原因となりうる膵臓・肝臓・胆嚢・婦人科の病気】
  • ・急性膵炎
  • ・慢性膵炎
  • ・膵臓がん
  • ・肝炎
  • ・肝臓がん
  • ・胆管結石
  • ・胆石症
  • ・原発性胆汁性胆管炎
  • ・卵巣がん
  • ・子宮がん

特に胃がん・大腸がん・膵臓がん・肝臓がんには要注意です。これらのがんは「早期発見」で治療率が高まるため、腹痛をはじめ気になる症状がみられた際にはお早めに専門医による診療・検査を受けることが大切だと言えます。

腹痛の検査方法

先ずは症状の診察を行いますが、発症している腹痛の程度をみて、重大な病気の可能性が疑われる場合は主に下記の3種類の検査を行なっております。

①胃カメラ検査

内視鏡専門医による質の高い検査を行っています。 胃カメラ検査とは胃の内部をカメラを通じて直接観察し、異常がみられないか確認していく検査です。胃カメラ検査と聞くと「痛くて苦しい検査」と連想される方も多いかと思いますが、当院では患者様にできる限り楽に検査を受けてもらえるよう最大限の配慮をしております。詳細はこちらからご覧ください。

胃カメラ検査ページはこちら

②大腸カメラ検査

内視鏡画像を一緒に見ながら丁寧な説明を心がけています。 大腸カメラ検査とは大腸の内部をカメラを通じて直接観察し、異常がみられないか確認していく検査です。当院では患者様にできる快適に検査を受けてもらえるよう最大限の配慮をしております。

また、院内で下剤を飲めるお部屋も複数用意しております。詳細についてはこちらからご覧ください。

大腸カメラ検査ページはこちら

③CT検査

低被ばく、高性能なCT検査を実施。すぐに結果が分かります。CT検査とは体外からX線を照射し、体内の様子を画像化して異常がみられないか確認して いく検査です。CT検査と聞くと被ばくの心配をされる方も多いかと思いますが、当院では最新のX線被ばく低減技術を搭載した機器を活用しているため、患者様にご安心して検査を受けて頂ける環境を整えております。詳細についてはこちらからご覧ください。

CT検査ページはこちら

腹痛でお悩みの方はご相談を

当院では消化器内視鏡専門医による消化器専門外来を行っております。腹痛をはじめとした様々な消化器症状の診療・検査・治療を行っております。消化器のことでお悩みがございましたらお気軽に当院までご相談ください。

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらからWEB予約はこちらから