十二指腸潰瘍

以下の項目に該当する方は要注意です

  • 空腹時に胃やみぞおち付近が痛むことがある
  • 食後に胃が痛むことがある
  • 腰の辺りが痛むが原因が分からない
  • ピロリ菌に感染していたことがある
  • 黒色便(真っ黒い便)が出た

十二指腸潰瘍とは

十二指腸潰瘍は胃の中にある胃酸が原因となり、十二指腸の粘膜でびらんや潰瘍が生じる病気です。十二指腸とは胃と小腸をつなぐ部分です。「十二本分の指の長さがある」からこの名前で呼ばれたと言われています。

この十二指腸が炎症を起こし、「潰瘍」ができた状態が「十二指腸潰瘍」。十二指腸潰瘍が起きるメカニズムは「胃潰瘍」と同じですが、十二指腸潰瘍は症状に気付きにくく、とても厄介な病です。

十二指腸潰瘍は、治療せずに放置していると症状が進行していき、消化管壁に穴が空いてしまったり、大量出血を引き起こすことがありますので、少しでもお腹の異常を感じた際はお早めにご相談ください。

症状が気が付きにくい原因とは

なぜ十二指腸潰瘍の症状が気が付きにくのかというと「痛み」が別の場所に生じるからです。十二指腸潰瘍を患っている方の多くが「背中が痛い」あるいは「腰が痛い」と訴えます。

そして、内科ではなく整形外科を受診する人が少なくありません。骨や筋肉には異常がないので当然ですが原因が見つからず、ただ「痛み止め」を処方されることが多いです。その結果として、痛み止めの薬の刺激によって炎症が悪化してしまうという負の連鎖が起きてしまうのです。

十二指腸潰瘍の発症原因とは

胃では食べ物を消化するために胃酸を分泌していますが、胃酸の分泌だけでは胃粘膜が傷ついてしまうため、胃粘液も一緒に分泌されています。この胃酸と胃粘液の分泌バランスが崩れることで、胃粘膜上で炎症が生じたり、十二指腸にびらん・潰瘍が生じてしまうことで十二指腸潰瘍が発症してしまいます。

この胃酸と胃粘液の分泌バランスが崩れる原因としては、精神的なストレス、睡眠不足、疲労、刺激物(香辛料など)の過剰摂取、喫煙などが考えられます。また、ピロリ菌に感染していたり、医薬品(非ステロイド性抗炎症薬)の長期服用も十二指腸で潰瘍が生じるリスクを高めてしまいます。

気が付きにくいからこそ早めの検査を

十二指腸潰瘍は、胃潰瘍と同じく炎症が進んで出血している状態です。胃潰瘍の場合は吐血や血便によって気が付くのが早いのですが、十二指腸は弁があり出血していたとしても表に出てきません。そのため、たくさんの出血をしていてるのに本人でも気が付かない。血が出て便の色が変わったと気が付く頃にはかなりの出血が起きている状態です。

以前ですと止血のために手術をしなくてはいけませんでしたが、今は内視鏡検査によって手術をしなくても止血することができるようになりました。炎症が悪化し、傷が深い場合には最悪、胃を切除することになりかねないので、早期発見が何より大事です。

□腰痛や背中の痛みが続いている
□整骨院に行ってもその痛みがなかなか改善しない

上記のような場合には一度、内視鏡検査を受けることをおすすめします。

眠っている間に終わる内視鏡検査

内視鏡検査(胃カメラ検査)は「苦しい」「ツライ」といったネガティブなイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、うちだ内科・内視鏡クリニックでは「患者さんが痛くない・苦しくない内視鏡検査」を提供できるようスタッフ一同協力しております。

当院の胃カメラ検査の特徴
□日本消化器内視鏡学会専門医による胃カメラ検査を実施
□鎮静剤を活用した眠って受けられる胃カメラ検査を実施
□鼻からの苦痛の少ない胃カメラ検査を実施
□平日忙しい方でも気軽に検査を受けられるように土曜日も胃カメラ検査を実施

当院の胃カメラ検査に関しては以下のページをご覧ください。

胃カメラ検査ページはこちら

お問い合わせ

当院では消化器専門外来を実施しており、十二指腸潰瘍の診察・治療を行っております。胃腸の不調が続く場合は決して自己判断で放置せず、消化器内科を標榜しているクリニックで精密検査を受けて頂くことが大切です。

また、十二指腸潰瘍の症状は、薬物治療と生活習慣の見直しによっても改善が期待できますが、ピロリ菌に感染している場合は除菌治療を行って頂く必要がります。

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらからWEB予約はこちらから