CT検査

当院のCT検査について

当院のCT検査について当院では、低被ばく撮影を可能とした高性能16列マルチスライスCT装置を導入しています。
一般X線撮影では見つけにくい病気の早期発見や精密診断が可能となります。

特徴

  • 一度に広範囲のCT検査を行うことができます。
  • 最新のX線被ばく低減技術を搭載していますので、安心してCT検査を受けていただくことができます。
  • 高精細な16断面の画像データ収集により、これまでの輪切り画像だけではなく、任意の角度の断面像や3次元画像での画像評価が可能です。

低線量 肺がんCT検診について

死因の第1位は癌(特に肺がん)

日本人の死因の第1位は癌ですが、その中でも肺がんで亡くなる方が増加しています。2018年のデータでは、男性では癌患者の約24%(1位)が肺がん、女性も約14%(2位)が肺がんとなっています。(ちなみに女性の1位は大腸がん)
さらに、肺がん診断後の生存率は30%前後と、他の部位の癌に比べると生存率が低い傾向にあります。

このように恐ろしい癌ですが、早期に発見し早期に治療することで完治を目指すことができるようになります。

当院のCT検査で肺がんの早期発見を

現在主流になっている肺がん検診の方法は、胸部エックス線検査、または胸部エックス線検査+喀痰細胞診の組み合わせです。しかしながら、この方法では早期の癌を発見することがなかなか難しいと考えられています。そのため、早期の小さな病変を見つけるために、胸部CT検査を行っています。

当院のCTは、
●被ばく量が少なく済む
●高い解像度で小さな病変を見つけることが可能
という特徴を持ちます。

手軽に受診できるCT検診で肺がんの予防に取り組みましょう。

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらからWEB予約はこちらから