アニサキス症

以下の項目に該当する方はご相談ください!

  • 海鮮類を食べた後から急にみぞおち付近が痛むようになった
  • 痛みがでたり、治まったりが繰り返される
  • 嘔吐・ひどい吐き気を感じる

上記のような症状に該当される方はアニサキスの可能性があります。当院では胃カメラ検査でアニサキスの緊急除去を行っております。お早めにご相談ください。

アニサキス症とは

アニサキスは寄生虫の一種です。イカやサバなどの魚介類にアニサキスは寄生しています。宿主(寄生した先の魚介類)が死亡し鮮度が落ちるとアニサキスは内臓から筋肉の方へと移動します。そのためアニサキス症は、アニサキスのいる魚介類を食べることで、アニサキスが人の体内に侵入し、症状が発症します。

アニサキスは加熱処理をすると死滅すると言われております。アニサキス症の原因の一番はお刺身やお寿司など、魚介類の生食です。お刺身やお寿司を食べる際は注意が必要です。もし、魚介類を食べた後に胃痛・胃もたれなどの症状がみられた方は、お早めに消化器内科を標榜しているクリニックで胃カメラ検査で胃の精密検査を受けていただくことを推奨します。

アニサキス症でみられる症状

アニサキスが人の体内に侵入すると、胃壁や腸管壁を噛んだり突き破ろうと動き回ります。そのため、ツライ胃痛(みぞおち付近の痛み)や吐き気などの症状がみられます。アニサキス症でみられる胃痛の特徴としては「痛みが生じたり、痛みが治まったり」と繰り返すことです。

アニサキスは人の体内では生息していけないため、何もしなくても数時間後には死滅しますが、相当な痛みを伴います。アニサキス症が疑われる際はお早めにご相談ください。

アニサキスが原因となる疾患

アニサキス症には症状がみられている場所(部位)でいくつかの種類に分けられます。

胃アニサキス症

魚介類を食べた数時間後に、激しい胃痛や吐き気・嘔吐などの症状がみられます。胃痛が一定間隔で、発症したり落ち着いたりと繰り返します。みられている症状が悪化する場合や胃痛症状に追加で発熱や蕁麻疹がみられることがあります。

腸アニサキス症

魚介類を食べた半日~数日後に下腹部あたりが痛んだり、嘔吐や吐き気などの症状がみられます。症状が悪化していくと、腸管のむくみ、腸閉塞、腸管穿孔(腸管壁に穴が空くこと)、腹膜炎などの合併症を引き起こすことがあります。

消化管外アニサキス症

アニサキスが稀にですが消化管の外へ飛び出すことがあります。飛び出して別の臓器で寄生することで症状がみられます。

アニサキスアレルギー

アニサキスに感染することでアナフィラキシーショックをはじめ、全身に蕁麻疹のような症状がみられることがあります。

アニサキスの検査方法

胃カメラ検査

胃カメラ検査で、食道や胃、十二指腸にアニサキスがいないかを直接観察します。アニサキス症の大半が胃アニサキス症であり、症状がみられた際は胃カメラ検査を行うことが多いです。胃カメラ検査でアニサキスを取り除くと、症状が緩和していきます。

当院では胃カメラ検査を受けられる皆さまが快適に検査を受けて頂けるように、様々な工夫を行っております。詳細は当院の胃カメラ検査ページもご参照して下さい。

胃カメラ検査ページはこちら

アニサキスの予防方法

アニサキス症の予防では、アニサキスのいる魚介類を食べないことが確実な予防法となりますが、それは難しいお話であります。アニサキス自体の大きさが2~3㎝程で、何とか目視することが可能なサイズです。魚介類をご購入される際はよく見てからご購入することも大切です。(火の通っていない魚介類の内臓は食べないようにしてください

また、アニサキスは「70℃以上の加熱処理」「60℃以上で1分間の加熱処理」「-20℃以下で24時間以上の冷凍処理」を行うことで死滅します。しっかりと処理をしてから食べるようにしてください。お刺身やお寿司を食べる際はよく噛んでから飲み込むように心がけてください。

監修:うちだ内視鏡・内科クリニック 院長 内田耕栄

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらから
TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらから