潰瘍性大腸炎チェックシート

  • ホーム > 
  • 潰瘍性大腸炎チェックシート

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は難病の指定がされている原因不明の病気です。
国内では16万人ほどの患者数がいるといわれています。
ご自身が潰瘍性大腸炎ではないかと心配されている方は、以下のセルフチェックを行ってみてください。

  • いつも便が柔らかい
  • 排便回数が非常に多い
  • 慢性的に下痢をしている
  • 血便、黒い便がでる
  • 慢性的に腹痛が起きる
  • 慢性的に貧血気味である
  • 下痢に発熱が伴う
  • 最近、体重が減ってきている
  • 皮膚に膿があり、ただれてきている
  • 骨盤や脊髄に痛みがある
  • 眼に痛みがある
チェック:0個

潰瘍性大腸炎の可能性は低いです。

チェック:1~3個

潰瘍性大腸炎の可能性があります。
潰瘍性大腸炎でなくても、消化器に何かしら異常があるかもしれませんので、一度、診察・検査をお受けいただくことをおすすめします。

チェック:4個以上

潰瘍性大腸炎の可能性があります。
早急に検査を受診されることをおすすめします。

 

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらからWEB予約はこちらから