痛風

以下の項目に該当する方は要注意です

  • 足の親指の付け根に強い痛みを感じる
  • 足の親指の付け根が赤く腫れている
  • 足の甲に強い痛みを感じる
  • プリン体を多く含む食べ物を好んで食べる(イクラなどの魚卵、レバーなど)
  • プリン体を多く含む飲み物をよく飲んでいる(特にビール)
  • 尿酸値が高いと指摘された事がある

痛風とは

痛風は、高尿酸血症の合併症で生じる疾患のひとつです。血液中の老廃物のひとつである尿酸が過剰になると、血管を通る際に血管内に尿酸が蓄積してしまい、それが結晶化していくので激痛を引き起こします。

痛風発作が発症しやすい箇所としては、足の親指の付け根や足の甲です。本来は、中高年の男性によく診られている疾患でしたが、近年の食生活の変化により20~30代の若い男性にも発症するようになりました。

痛風による合併症

血液中の尿酸値が 7.0mg/dL以上の状態が続くと以下の合併症を引き起こします。
●尿酸による結晶が関節内に溜まると →痛風発作(痛風関節炎)
●尿酸による結晶が尿路に溜まると  →尿管結石/膀胱結石
●尿酸による結晶が腎臓内で溜まると →慢性腎不全

尿酸値が高い場合は併せて、血糖値や血圧も高い場合が多いので心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳血管疾患(脳梗塞や脳出血)などの命に関わる重大な疾患を引き起こす事もあります。

痛風の発症原因

食べ物の中に含まれるプリン体が体内で分解される事で尿酸となります。なので、痛風発作の発症には日々の食習慣が大きく関わってきます。食事が原因で発症している場合は、アルコール(特にビール)の摂取、動物の内臓(レバーなど)、魚の干物、魚卵(いくらなど)の過剰摂取が原因となります。
上記以外では腎臓の機能低下によって体外に尿酸が排出されずに体内に必要以上に尿酸が溜まってしまったり、遺伝も関わっていると言われています。

痛風の治療方法

①生活習慣の改善
●アルコール摂取の制限
●レバーや魚の干物、干し椎茸、エビ、魚卵などのプリン体を多く含む食品は摂りすぎない
●水分をしっかり摂取する
●定期的な有酸素運動(ジョギングやウォーキングなど)を心掛ける

②薬物療法
痛みが強く現れている場合(痛風発作時)は、痛みを抑えるために鎮痛剤を処方します。鎮痛薬と併せて尿酸を体外へ排出を促す薬や、尿酸の生成を抑える薬を処方します。

お問い合わせ

痛風の発症には日々の生活習慣(特に食習慣)が大きく関わってきます。健康診断等で血中尿酸値が高いと指摘されても特に自覚症状を感じる事がないので、医療機関へ受診しようとは思われにくいかと思いますが、治療せずに放置していると重大な合併症を招く事もございます。

病気の治療で一番大切なのは、早期発見・早期治療を行う事です。血中尿酸値が高いと指摘された方はお早めに医療機関までご相談下さい。

監修:うちだ内視鏡・内科クリニック 院長 内田耕栄

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらから
TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらから