新型コロナウイルス感染症への対策について

  • ホーム > 
  • 新型コロナウイルス感染症への対策について

コロナ禍の受診を不安に思っている方はいらっしゃいませんか?

  • 病院はコロナウィルスの感染リスクが高そう
  • コロナ禍の外出はなるべく控えたい
  • 病院の感染対策に不安がある
  • 検診で引っかかったが、コロナ禍で病院に行くことをためらっている

上記のように、医療機関は感染しやすそうといったイメージをもっている方も多いかもしれません。しかし、コロナ禍で医療機関の受診をためらって症状を放置することは、病気の重症化に繋がります。当院では、皆様が安心して来院できるようスタッフ一丸となってコロナ感染対策を徹底しております。安心してご来院下さい。

当院で行っているコロナ感染対策について

①ネット予約

当院はネットでの診察予約が可能です。 WEB予約を活用すると決まった時間枠で診察を受けることができるので、院内滞在時間を短縮することができます。簡単に予約できますので是非ご活用下さい。

WEB予約はこちら

②WEB問診

当院はWEB問診を導入しています。来院前に問診を回答することができるので、紙による問診票の記入と比べて院内の滞在時間を減らすことができます。また、WEB問診では紙媒体の問診表に比べて多くの問診情報を取得することができるので、効率的に診察を行うことができます。

WEB問診はこちら

③受付にパーテーションを設置

受付にパーテーションを設置コロナ感染対策として受付にパーテーションを設置しています。空間的隔離をすることで患者様との距離ができますが、変わらず親身な接遇を心がけております。

④キャッシュレス決済が可能

キャッシュレス決済が可能当院ではキャッシュレス決済が可能です。交通系の電子マネー、クレジットカードなど幅広く対応しております。お会計の際の感染が不安な方も安心してご来院いただけます。

⑤院内消毒・換気の徹底

院内消毒・換気の徹底院内での感染リスクを減らすため、スタッフが定期的に院内の消毒・換気を行っています。院内のドアは定期的に開放し、ドアや待合室のイスなどの大勢が触れる場所は特に徹底した消毒を行っています。また、入口にアルコール消毒を設置しておりますので、来院いただきましたら、アルコール消毒をして待合室にてお待ちください。

内視鏡検査を行う際のコロナ感染対策について

コロナ禍の診察はまだしも口や鼻からスコープを挿入する内視鏡検査には抵抗ある、といった方も多いかもしれません。しかしコロナ禍とはいえ検査をせずに放っておくと、胃がんや大腸がんといった命に関わる病気にかかるリスクが高まります。健康診断で異常が見つかった方や腹痛・下痢・血便といった消化器症状でお困りの方は早めに受診しましょう。当院では、すべての患者様に安心してご来院いただけるよう内視鏡検査を行う際にも徹底してコロナ感染対策を行っております。安心してご来院下さい。

①内視鏡患者専用のトイレ

内視鏡患者専用のトイレ内視鏡検査を受ける方には専用のトイレ付きの個室をご用意しております。コロナ感染対策になるだけではなく患者様のプライバシーもしっかりと確保し、安心して検査を受けていただけます。

②検査時の防護服

検査時の防護服内視鏡検査時には、防護服を完全装備して飛沫感染対策と接触感染対策を徹底しておりますので安心して検査を受けていただけます。

③ガイドラインに則った洗浄

ガイドラインに則った洗浄当院では、日本消化器内視鏡学会の「消化器内視鏡のん洗浄・消毒標準化にむけたガイドライン」に則り、内視鏡検査機器の洗浄・消毒を徹底しております。

まずはご予約を

WEB予約はこちら

一番上に戻る
TEL:092-554-1066TEL:092-554-1066 WEB予約はこちらからWEB予約はこちらから